重大な脳疾患の治療法|脳動静脈奇形にならないために定期的に特定健診を受けよう

脳動静脈奇形などの脳疾患の治療法を探す

重大な脳疾患の治療法

頭を押さえる人

脳の病気

脳には生命活動に欠かせない神経や組織がいくつも集まっています。そのため、脳に問題が見つかった場合は早急に対処する必要があるのです。治療方法も病気や発症箇所によって異なってきますよ。

先天性と後天性

病気には生まれつきのものと環境や生活によって変化して発症する後天性があります。脳の病気にもこの二つの種類に分かれており、脳動静脈奇形は先天性、脳梗塞や脳腫瘍は後天性となっています。

脳疾患の主な治療法

脳疾患の治療は外科手術か内科治療になっています。脳腫瘍などの腫瘍が関係する病気であれば化学療法が用いられることもあります。基本的には外科手術が一般的に行われていますが、メスを入れることが出来ない場所では、投薬などの内科治療で様子を見ることが多いです。

発症の多い脳の病気ランキング

no.1

脳梗塞

発症の多い脳の病気ランキングで1位になったのは脳梗塞です。脳梗塞は脳内の血管が血栓などで詰まり、血液が流れなくなることで異常が起きてしまう病気になっています。喫煙や生活習慣、老化によって発症のリスクが上がるため、ランキング1位になっているのです。

no.2

くも膜下出血

くも膜下出血は脳内で出血が起きている状態なので大変危険な病気になっています。また脳梗塞などの病気と連動しているケースが多いので、発症する確率が高くランキングでも2位です。早めに治療を行わなければ重度の後遺症を残すこともあります。

no.3

脳腫瘍

発症の多い脳の病気ランキングで3位になっている脳腫瘍は、癌が関係している場合と、脳細胞の変化によって発症するタイプに分かれています。どちらのタイプの脳腫瘍も発症が多く、例え出来た腫瘍が良性であっても他の脳細胞の悪影響を及ぼすため摘出する必要があります。

no.4

脳動脈瘤

老化によって脳の血管が弱まり、脳動脈の一部が膨らむ症状の脳動脈瘤は年配の方々の発症率が高い脳の病気になっています。ある一定の年齢を超えることで発症のリスクが格段に上がってくるのですが、その年齢に達していない方も含めたこのランキングでは4位になっています。

no.5

脳動静脈奇形

生まれつきの病気である脳動静脈奇形は、後天的に発症することがない病気のため発症の多い脳の病気ランキングでは5位です。放っておくことで脳の血管が破れ、脳出血を引き起こしてしまう危険な病気なので小さな頃から頭痛がよく起こるという方は注意したほうがいいとされています。

手術が難しくても

脳の病気は、手術が難しいケースが多いです。しかし、手術が難しくても内科治療で行なう投薬で症状を緩和させたり、患部を治療したりすることが出来ます。手術に不安を感じているのであれば、内科治療を選ぶことも出来ますよ。