てんかんの原因を探る|脳動静脈奇形にならないために定期的に特定健診を受けよう

てんかんの原因は脳動静脈奇形の可能性アリ!

てんかんの原因を探る

看護師

てんかん発作とは

脳の神経興奮によって発作を起こす病気が「てんかん」となっており、その時に生じる発作を「てんかん発作」と呼びます。そのためてんかん発作とは病名ではなく、症状になるのでこれらの違いについて覚えておくといいでしょう。

てんかんの発症原因

上記で説明したように、てんかんは脳の神経興奮によって発作を起こす病気になっています。原因に関してはいくつかあるとされていますが、その一つに先天性の脳の病気である「脳動静脈奇形」が関係していると研究機関でも報告されています。

脳動静脈奇形

脳動静脈奇形は先天性の脳血管の病気になっており、脳内の血管が複雑に絡み合ったり、短絡してしまっていたりする病気です。てんかんとの関係性ですが、脳内の血管が絡みあってしまうことで通常よりも大きくなり、脳細胞を圧迫し脳の神経に異常を引き起こしてしまうのです。

てんかんを治すには

てんかんを治す為には投薬治療の他に外科的手術があります。てんかんの原因が脳動静脈奇形などの病気であった場合には、原因を改善させるために異常を起こしている部分を切除することもあるのです。脳の手術は最新の医療機器と経験が豊富な医師によって行われるので成功率も高いとされていますよ。