特定健診で脳動静脈奇形を早期発見

特定健診で病気を発見する

白衣の人

気づきにくい脳の病気

脳の病気は、大事な神経や臓器に関する障害を引き起こしてしまう可能性があるので大変危険です。しかし脳の病気は他の病気のように目立った症状が表れてこないケースが多いので、病気を患っている本人が全く気づかないことがあります。

脳動静脈奇形

脳動静脈奇形という病気は脳の血管が絡まりあっている状態を表しています。先天性の病気のため自覚症状が表れるのに時間が掛かってしまうことが多いです。また、脳の血管に関係する病気になっているので、脳内出血や神経圧迫を引き起こして麻痺などの弊害を被る可能性もあります。

脳の状態を詳しく検査

脳には人間が生きるために必要な神経や細胞がたくさん詰まっています。豆腐に例えられるほど脆い脳は些細なことでも命に関わってくるのです。そのため、脳を詳しく検査出来る脳ドックを一年に一回は受けておきましょう。

脳ドックで発見できる病気ランキング

no.1

脳梗塞

MRIやMRAを利用して脳の検査を行なう脳ドックで発見出来る病気ランキングとして、1位になっている脳梗塞ですが、これは脳の血管が何らかの理由で詰まり、血液がうまく回らない病気です。脳動静脈奇形によって脳梗塞を引き起こす可能性もあるのです。

no.2

脳腫瘍

脳腫瘍はMRIやMRAではっきりと映し出されるため、脳ドックで発見出来る病気ランキングでは2位となっています。脳腫瘍には元々存在していた脳腫瘍が変化して発症する原発性のタイプと、がん細胞の転移による転移性のタイプに分かれています。

no.3

くも膜下出血

くも膜下出血は脳の保護の役目を担っているくも膜と呼ばれる組織に出血が生じる病気になっています。脳ドックでは微量な出血も確認することが出来るのですが、くも膜下出血の場合は激しい頭痛と吐き気を感じます。そのため、検査を受けなくても判断出来るとされているのでランキングでは3位になっています。

[PR]

脳動静脈奇形で悩んでいるならココ。
カウンセリングに行ってみよう!